• pre プレママ・パパ
  • learn 学ぶ

【体験談】出産で出血過多!まるで拷問だった止血のお話

くまさんくまさん

今回は、私が次女を帝王切開で出産したときに
経験した出血過多についてお話します。

処置があと少しでも遅れていたら
危ないところだったと言われたので
これから出産を控える方の参考になればと思います。

帝王切開の体験記事は、コチラ↓
「陣痛なくても楽じゃない!帝王切開体験レポート」

経験したことがないほどの出血量

帝王切開もスムーズに終わり
私は、ベッドに横たわったまま回復室に運ばれました。

そして、そこで数分放置されていたのですが
「バシャッ」というような感じで出血したのが分かりました。

すると何故か急に寒気がして、体がガタガタと震え出しました。
「これはおかしい」と思いながらも
睡魔のような感覚と呼吸困難が襲ってきて、声が出せません。
やっとの思いでナースコールを押すと、看護師さんがやってきました。

そして私のオムツを開けて「ちょっと出血が…」と言い
急いで先生を呼びに行きました。

処置の際、まるで見世物状態の私

先生が私の状態を見て、すぐに処置が必要と判断し
応援の先生を呼んでくるように指示を出しました。
ですが処置室に空きがなく、私はスタッフの休憩室に
ゴロゴロと運ばれて行くことに。

休憩室なので看護師さんたちが何人もいます。
(もちろん男性も)
そして代わる代わるに私の状態を見に来ては
(私の状態=陰部)
これは大変というような感じのことを言っていました。

終いには、研修生のような人たちまで私の状態を見に来て…
股をカエルのように開かされていた私は
「何だこのカオスな状態は」と、内心とても不快でした。

縫いたての子宮を圧迫!拷問すぎた止血

そして、止血作業が始まりました。
このとき、私の周りには
男性医師1名
男性スタッフ2名(医師なのか看護師なのか不明)
女性看護師2名
見物人3名(病院の関係者だと思われる)

の総勢8名ほどの大人がいました。

男性スタッフが私の足を片足ずつ
ガッチリとホールドし、陰部全開の姿勢にされると
右手と左手を女性看護師がそれぞれに握り
「がんばってね!」と声をかけてきます。

私は、その時点でこれから何をされるのか
分かっていなかったので
何が始まるのかと思っていたら
さっき切って縫ったばかりの子宮に
男性医師が手を入れました。
(腕までいっていた気がする)

これだけでもかなりの激痛なのですが
腹部をギュッギュッと押して圧迫しています。
後に分かったことですが、このとき男性医師は
圧迫止血をしていたのでした。

しかし、ギュッギュッと押されている部分も
今さっき縫われたばかりなので
私は、もう気が狂いそうになりました。

あんな痛みは、人生で感じたことありません。
(出産よりも痛かった)
あれはまさに拷問でした。

あまりの痛さに足が勝手に閉じます。
ですが、そのたびに男性スタッフが
2人がかりで足を開かせてホールド。

そのとき「痛い」「やめて」と
声と涙が自然に出てしまいました。

圧迫止血失敗…輸血をする事態に

その後、何度か圧迫止血を繰り返すも
「ダメか…」という医師の声が。

私は、その時点で意識が朦朧とし始めており
その後の記憶は曖昧なのですが
血圧が50を切り、輸血に踏み切ったそうです。
この話は、後から夫に聞きました。

そして、私の子宮にはバルーンが入れられ
術後数日経ったところで取り出されました。

まとめ

今回、私がこのような状態になったのは
術後の止血が不十分だったためでした。

ですが、妊娠高血圧症や血友病の方
子宮筋の弛緩、分娩時外傷などでも
出血過多になることがあるそうです。

赤ちゃんが生まれると
その喜びで頭がいっぱいになりますが
出産後の体は、とても不安定です。

出産後、何か少しでも体調に変化があるときは
すぐに看護師や医師に伝えてくださいね。

この記事にいいね!

くまさん

くまさん

東京都

東京在住のワーキングマザー。現在、第3子妊娠中です。発達障がい(ADHD)のある小学6年生と2歳児の子育てをしています。これまでに経験した、出産・結婚・離婚・再婚・ステップファミリーなど、さまざまな体験をもとに、記事を執筆していきます。